VIOゾーンをきちんと処理しよう

>

処理する方法はたくさんある

処理する前に温めよう

温めることで、皮膚やアンダーヘアが柔らかくなります。
それから処理することで、皮膚に与えるダメージを軽減できます。
蒸しタオルを5分ほど温めるだけで良いので、面倒に感じないでください。
十分皮膚が温まったら、ヒートカッターを使って慎重に処理してください。
1センチから、2センチ程度まで剃ってください。
それなら水着を着用しても、アンダーヘアが見える心配はありません。

ヒートカッターで処理する時、熱線で毛を処理します。
毛先を丸くする特徴があるので、チクチクしにくいというメリットがあります。
アンダーヘアを短く剃れるのは良いですが、水着を着た時にチクチクしてしまいます。
お肌に刺激が当たると、荒れる可能性があります。

電気シェーバーを活用しよう

カミソリを使うと、お肌に傷を付けてしまいます。
電気シェーバーを使ってください。
元から電気シェーバーは、お肌に傷を付けにくい設計になっているのでダメージを与えにくいです。
皮膚がたるんでいると、剃りにくいし皮膚に傷がつく可能性があります。
自分で皮膚を伸ばしながら、アンダーヘアを剃ってください。

型紙をVIOゾーンに当てることで、綺麗な形に仕上がります。
何も型紙などが無いと、どこを剃って良いのか分からなくなります。
間違って、短く剃ってしまうことがあるので、型紙を用意してから処理しましょう。
自分のVIOゾーンに合う、型紙を見つけてください。
型紙を当てることで簡単にアンダーヘアを剃れるので、短い時間で処理が終わります。


この記事をシェアする